憲法談話室の概要

憲法談話室は下記の要項にしたがって運営されます。

開催日:4月から毎月第一日曜日 14:00~16:00

場所: 千葉大宮キリスト教会

〒264-0016千葉市若葉区大宮町2880-69

場所は次のURLにてご確認下さい。http://syazawa.jp/

参加費:500円(各回、資料・参加者の茶菓・講師の交通費)

定員:18名(予約制です)

主催:千葉大宮キリスト教会

共催:憲法を考える若手弁護士の会   https://www.facebook.com/chiba.constitutionalism/

【第一回憲法談話室】

日時:4月3日(日) 14:00~16:00

講師:兒島英樹弁護士(船橋第一法律事務所)

テーマ:憲法と法律、憲法と基本的人権について

【第二回憲法談話室】

日時:5月1日(日) 14:00~16:00

講師:藤岡拓郎弁護士(千葉第一法律事務所)

テーマ:憲法と民主主義(司法・教育・文化・マスコミ・選挙)

【第三回憲法談話室】

日時:6月5日(日)  14:00~16:00

講師;足立啓輔(藤井滝沢綜合法律事務所)

テーマ:憲法と非武力的平和(沖縄・戦争法・秘密保護法・緊急事態法)

《申し込み・問い合わせ》

千葉大宮キリスト教会へメールあるいは電話でお願いします。

メールアドレスは info@kenpodanwashitsu.com

電話番号は 043-263-5330 です。

なお、申し込みを希望される方は氏名と住所と電話番号と共に、どの講座に参加を希望するのかをご連絡下さい。また、定員制ですので満員の場合にはお断りすることもありますから、お早めにどうぞ。

(憲法を考える若手弁護士の会 藤岡拓郎弁護士の参加の呼びかけ)

皆さんは憲法と聞いてどのようなイメージをもつでしょうか。六法全書のような分厚い本を思い浮かべますか?何か抽象的で,固く,難解で,憲法について話そうと言えば,あたかも高尚な議論のようにも思われるかもしれません。しかし,憲法は,実は私たち市民にとても身近な存在であり,常に私たちの傍に寄り添ってくれる,ときに人生の支えにもなる強力なサポーターです。

この憲法がなければ,私たちは今と同じ生活ができないかもしれない。ところどころで直面した人生の大事な選択,例えば就職や進学,留学でも,憲法の中身が異なれば,今の道を選べなかったかもしれない。自衛隊をどんどん戦争に送り込んでいたら,一定の収入がある人しか選挙に行けなかったら,好きな本,音楽,大学の研究テーマも結婚相手も自由に選べなかったら,一体どういう社会になっていたでしょうか。
私たちが自分の意思に基づいて自由に行動できる社会,一人一人が平等に個人として尊重される寛容な社会は,この国のあり方を定める憲法自体がそのような社会を目指し,また,それを邪魔しようとする権力を縛り付けているからこそ成り立つ社会です。しかし,極端な言動がもてはやされたり,異なる意見や少数の意見を排斥しようとする近時の風潮をみるかぎり,ひとたび憲法が変われば,私たちが大事にしてきた価値規範はあっという間に緩み,変容していくかもしれない。それは意外なほどもろく危うい社会であるともいえます。だからこそ,今私たち一人一人が憲法やその考え方を自分のものにしておかなければ,そのような変化の波に考える間もなくのみ込まれてしまうかもしれません。
今回,憲法談話室として,憲法についてお話できる機会をいただきました。参加された皆さんと一緒に議論する時間も作って,できるだけ憲法が身近に感じてもらえるような内容にしていきたいと思っています。また,緊急事態条項をはじめとした憲法改正の問題,昨年成立した安保法制,集団的自衛権の問題など近時の憲法をめぐる状況についても何が問題なのか,私たちの暮らしにどういう影響があるのか,具体的なイメージをもてるようにお話しができればと思っています。

憲法談話室からの呼びかけ

★7月の参院選から18歳以上の方々にも選挙権が与えられます。特に高校生の方々のご参加を呼び掛けたいと思います。そして若い方々をはじめ老若男女すべてのみなさんにもご参加を呼びかけます。そしてみなさんとご一緒に今後わたしたちの暮らしを左右する憲法と政治が一体どのように変えられようとしているかをよく見きわめて参院選挙に臨みましょう。今回は衆・参両院選挙も予測されます。その意味でも今回の選挙はわたしたちにとって生か死か、平和か戦争・滅びか二者択一の分岐点です。是非、この憲法談話室に参加して共にわたしたちの歩むべき指標を見いだしましょう。

憲法談話室へようこそ

みなさんは憲法って何だと思いますか?憲法なんてわたしたちと全く関係ないと思ってはいませんか。ところが、憲法はわたしたちの生活と深い深いつながりがあるものなのです。今、この憲法が現政権によって変えられようとしています。というよりも、全く壊されようとしています。ということは、わたしたちの生活が全く変えられて壊されようとしているのです。そこで、わたしたちは改めて今の憲法がどんな内容であり、どんな具合に変えられようとしているか、この談話室で大いに学び、大いに話し合いたいと思います。