2017年4月16日の憲法談話室

       日本がアメリカの防波堤に
映画『標的の島 風(かじ)かたか』の監督・三上智恵さんはインタービューにおいて「この映画で伝えたかったこと」と問われて次のように話した。これは『「戦死者を出さない」ための映画。沖縄だけではなく日本全体がアメリカの「防波堤」にされようとしている。』
今しもシリヤのアサド政権が化学兵器を使用したと断じたトランプ政権はシリヤへの空爆に及び、これが北朝鮮への警告でもあると語った。それと知った北朝鮮はアメリカ軍が駐留する日本を軍事的な標的とすると語った。一方、日本の安倍政権はアメリカのシリヤ空爆を高く評価した。ということは三上監督がこの映画製作をとおして訴えた「日本全体がアメリカの防波堤にされる」怖れが出てきた、ことになる。これでいいのか。いいはずはない。談話室でご一緒に「標的の島・沖縄」について十分知り、語り、決して戦死者を出さない活動をしていこうではないか。
【憲法談話室開催要項】
●2017年4月16日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「沖縄」
■ 講師は千葉県九条の会の事務局長 野口宏氏です。

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
●主催 千葉大宮9条の会 メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 千葉中央法律事務所  URL http://www.cbclo.com

2017年3月19日の憲法談話室

家庭教育支援法案の狙い
安倍政権は共謀罪に続いて今国会に「家庭教育支援法案」を出すつもりである。これは名称の聞こえはいいが、何と国家が国民の各家の中に土足で上がり込んで家族のあり方に介入、公共・国家の利益や秩序を振り回して基本的人権や自由な個人の生き方を否定する法案である。これは憲法の自民党草案24条に基づいたものであるが24条の特徴は①家族の扶助義務を強調。②個人の尊重や個人主義の否定。③男女平等を嫌い女性の家庭的な責任を強調。④選択的夫婦別姓の敵視。⑤多様な家族のあり方(独身、離婚、同性婚等)を否定するものである。いわば各家庭はお国のために、ひたすらお国のために仕える、お国に都合のいい家庭・人間づくりを狙った法案である。このような教育勅語を重んじ靖国の母を強要する戦前回帰の法案を通してはならない。みなさんとご一緒に考え行動しましょう。ご来会をお待ちしています。

【憲法談話室開催要項】
●2017年3月19日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「自民党草案24条と家庭教育支援法案」
■ 講師は千葉中央法律事務所の高橋高子弁護士です。

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
●主催 千葉大宮9条の会 メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 千葉中央法律事務所  URL http://www.cbclo.com

2017年2月19日の憲法談話室

            憲法と共謀罪
安倍政権は通常国会に「テロ等組織犯罪準備罪」に名を借りた過去3回も廃案になった「共謀罪」の提出を目論んでいる。これは何と国民の内心や思想を管理し取り締まる法案である。そもそも近代刑法の基本原則は実際の行為や結果が生じなければ罪に問われないところにある。ゆえに共謀罪が成立すると国民の会話や相談が犯罪になってしまう。「みんなで市役所に行って窓口で陳情しよう」という話し合いが組織的威力業務妨害の共謀罪に問われる可能性がある。戦前、戦争に反対する人たちの取り締まりに利用された治安維持法も帝国議会で論議された時「近代刑法の原則に則っていない」と批判されたが、法制定後は歯止めがきかなくなり、これによって国民の思想信条の自由が剥奪され弾圧された。強行採決された安保法制によって日本は憲法九条に反して戦える国になった。だから安倍政権は国民の戦争批判を怖れているのである。戦前・戦中回帰はゆるされない。ご来会をお待ちしています。

【憲法談話室開催要項】
●2017年2月19日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「共謀罪」
■ 講師は憲法を考える千葉県若手弁護士の会弁護士

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス info@kenpodanwashitsu.com
●主催 千葉大宮9条の会 メールs.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 憲法を考える若手弁護士の会                 https://www.facebook.com/chiba.constitutionalism/

2017年1月15日の憲法談話室

              憲法と日本会議
日本会議は1997年5月30日に発足した。しかしその前日に日本会議を全面的にバックアップする目的で超党派の日本会議国会議員懇談会(日本会議議連)が発足した。この日本会議議連は超党派であり、その9割は自民党議員であり、衆参議員717人中の約4割を占めている。ゆえに第一から第三次安倍政権は彼らによって誕生し、両者は今も綿密に連携して日本の政治を動かしている。今回の談話室は彼らの実態に迫り、今後の日本を考え、対策を練ってゆきたい。あなたも是非ご参加を!。

【憲法談話室開催要項】
●2017年1月15日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「憲法と日本会議」
■ 講師は憲法を考える千葉県若手弁護士の会弁護士
●2017年2月19日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「憲法と日米合同委員会」
■ 講師は憲法を考える千葉県若手弁護士の会弁護士

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス info@kenpodanwashitsu.com
●主催 千葉大宮9条の会 メールs.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 憲法を考える若手弁護士の会                 https://www.facebook.com/chiba.constitutionalis