2017年3月19日の憲法談話室

家庭教育支援法案の狙い
安倍政権は共謀罪に続いて今国会に「家庭教育支援法案」を出すつもりである。これは名称の聞こえはいいが、何と国家が国民の各家の中に土足で上がり込んで家族のあり方に介入、公共・国家の利益や秩序を振り回して基本的人権や自由な個人の生き方を否定する法案である。これは憲法の自民党草案24条に基づいたものであるが24条の特徴は①家族の扶助義務を強調。②個人の尊重や個人主義の否定。③男女平等を嫌い女性の家庭的な責任を強調。④選択的夫婦別姓の敵視。⑤多様な家族のあり方(独身、離婚、同性婚等)を否定するものである。いわば各家庭はお国のために、ひたすらお国のために仕える、お国に都合のいい家庭・人間づくりを狙った法案である。このような教育勅語を重んじ靖国の母を強要する戦前回帰の法案を通してはならない。みなさんとご一緒に考え行動しましょう。ご来会をお待ちしています。

【憲法談話室開催要項】
●2017年3月19日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「自民党草案24条と家庭教育支援法案」
■ 講師は千葉中央法律事務所の高橋高子弁護士です。

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
●主催 千葉大宮9条の会 メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 千葉中央法律事務所  URL http://www.cbclo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です