2017年4月16日の憲法談話室

       日本がアメリカの防波堤に
映画『標的の島 風(かじ)かたか』の監督・三上智恵さんはインタービューにおいて「この映画で伝えたかったこと」と問われて次のように話した。これは『「戦死者を出さない」ための映画。沖縄だけではなく日本全体がアメリカの「防波堤」にされようとしている。』
今しもシリヤのアサド政権が化学兵器を使用したと断じたトランプ政権はシリヤへの空爆に及び、これが北朝鮮への警告でもあると語った。それと知った北朝鮮はアメリカ軍が駐留する日本を軍事的な標的とすると語った。一方、日本の安倍政権はアメリカのシリヤ空爆を高く評価した。ということは三上監督がこの映画製作をとおして訴えた「日本全体がアメリカの防波堤にされる」怖れが出てきた、ことになる。これでいいのか。いいはずはない。談話室でご一緒に「標的の島・沖縄」について十分知り、語り、決して戦死者を出さない活動をしていこうではないか。
【憲法談話室開催要項】
●2017年4月16日(日) 午後2時~4時
■ テーマは「沖縄」
■ 講師は千葉県九条の会の事務局長 野口宏氏です。

●定員15名(予約制)
●参加費:各回500円(資料代・茶菓・講師の謝礼)
●参加申し込み:電話かメールで下記へ氏名、住所、電話番号  と何日の談話室参加希望かを記載の上お申し込み下さい。
●申込先・会場
〒264-0016 千葉市若葉区大宮町2880-69
千葉大宮キリスト教会 電話 043-263-5330   メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
●主催 千葉大宮9条の会 メールアドレス s.y@jcom.zaq.ne.jp
千葉大宮キリスト教会 URL http://syazawa.jp/
●共催 千葉中央法律事務所  URL http://www.cbclo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です